スタッフ紹介

院長挨拶

三田村巧

練馬区東大泉、西武池袋線「大泉学園駅」が最寄の『三田村医院』院長の三田村 巧です。
不定愁訴や原因が解り難い疾患の多いリウマチや膠原病などは早期の診断・治療を行う事が大切です。
また、高齢化社会が進み、加齢による骨の劣化が引き起こす骨折などは時に命にかかわる事さえあります。
私は1医師として関節や骨に係わる病気に対し、研究や臨床経験を重ねて参りました。

これからもスタッフ一同、皆様との「ふれあい」を大切にしながら地域医療に貢献できるよう頑張っていきたいと考えております。 どうぞ宜しくお願い致します。

院長 三田村 巧

 

専門分野

・内科一般
・リウマチ科

経歴

  • 日本大学医学部 卒(S58年)し、同年日本大学医学部第一内科学教室(血液膠原病内科) 入局
  • 米国ミズリー大学カンザスシティー校医学部リウマチセンター
    Nabih I. Abdou教授のもと Post-Doctoral Fellowとして勤務(H5年)
  • 日本大学医学部 血液膠原病内科 帰局(H7年)
  • 日本大学医学部 血液膠原病内科 退局(H18年 6月)
  • 三田村医院 開設 (H18年 7月)